帳簿と会計ソフト

帳簿について いろいろ Comments Off
―初心者ちゃん

以前は複式簿記を知っていなければ、帳簿は難しかったと思います。
しかし、パソコンや会計ソフトが導入されて、わずかな知識でも初心者でも複式簿記の帳簿をつけれるようになりました。

初心者だからこそ、まずは会計ソフトを導入してみてはいかがでしょうか。
まず会計ソフトですが、たとえば、税理士さんを依頼している人はその税理士事務所にあらかじめ聞いてみてくださいね。
専用の会計ソフトを導入している税理士事務所もありますし、どんな会計ソフトでも構わないとういう税理士事務所、推奨しているのはこの会計ソフトです、などとアドバイスをいただけます。
会計ソフトも様々で値段だけで決めるのもいけませんね。
最初にソフトを購入する費用が安くても、バージョンアップの費用がかかりすぎるようなソフトもありますよ。
自分の会社の規模と帳簿として自分のやりたいこと、また使い勝手などの評判を聞いてみるのもいいですね。

日々の取引を入力するだけで帳簿は出来上がります。
複式簿記の借方貸方がよくわからなくても、通帳の出入りは預金出納帳、現金の出来るは現金出納帳、買掛金や売掛金もそれぞれ入力がきます。

たとえば、借方貸方を逆に入力してしまった場合、現金や預金も、残高があってきませんから、間違いに気づきます。
もちろん買掛金や売掛金もそうです。

そうすることで入力間違いはなくなりますが、複式簿記を少しでも理解できるように、簡単な帳簿に関する本などを購入して大まかに把握することは必要でしょうね。

会計ソフトを見方につけて自分で帳簿がつけれるようになるといいですね。

帳簿はためないで!

帳簿について いろいろ Comments Off
―初心者ちゃん

帳簿をきちんとつけていますか?
大きい会社の方は経理の方がいらして、毎日、毎月、きちんと帳簿はされているかと思います。
個人で事業をされている方は、なかなか時間がなくて帳簿をきちんと毎日つけてらっしゃる方はあまりいらっしゃらないかもしれませんね。
お金の出入りがあまりない会社の方なら、週ごと、月ごとの帳簿でも大丈夫かもしれませんが、注意が必要なのは、現金商売の方です。
現金商売の方は毎日現金の出入りがありますが、現金がきちんと合っていますか?
会計ソフトで、まとめて帳簿をしている場合、ときに、現金がマイナスになっていたり、ありえもしない大金の現金が残っている時があったりしていませんか?
最終的に現金を適当に合わせている場合、そのようなことが帳簿上でよくおきていませんか?

現金がマイナスになっているということはありえませんね。そこで、事業主から借り入れがあったと考えられます。
そんな場合はきちんと、事業主借であげておかないと、現金がマイナスということになります。
現金が最終的に合っていればいいというわけではありません。
期の途中で現金の不足分をどう補ったかきとんと帳簿に記帳しなければいけません。

現金の残高が何百万何千万と残っていると帳簿にあっても実際に現金がそれだけない場合は、その現金はどこへ行ったのでしょう。
事業主ににわたっているならその分も必ず帳簿につけましょう。

税務調査に入って現金出納帳がマイナスの数字だと、その点ですぐに、ここの帳簿は適当なんだなと見抜かれて、いろいろ調べられてしまいますよ。
出来る限り、帳簿を日々つけて、そのようなことがないようにしていきたいものですね。

はじめての帳簿こそ会計ソフト

帳簿について いろいろ Comments Off
―初心者ちゃん

こんにちは。
帳簿に関する話題をいろいろ書いていますが、先日友人が事業を始めるとあって、帳簿をつけたいけど、少し教えて欲しいと依頼がきました。
私は会社では一応経理の仕事をしていますが、全般を任されているわけではないので、全容は少々把握していない部分があり、少し不安でしたが、本屋さんで友人と帳簿ぼつけ方に関する書籍を購入して私も1から勉強することにしました。

とりあえず、友人は青色申告にするとのことで、会計ソフトも準備してやる気だけは満々なんですが、どう入力すればいいかも簿記などの基本知識もないのでわからない。

その会計ソフトを見せてもらうと、仕分として入力も可能だし、帳簿形式で入力していくことも出来るので、とっても楽チンですね。

帳簿の種類は
現金出納帳・預金出納帳・売掛帳・買掛帳・経費帳にそして総勘定元帳になります。

現金出納帳は現金の出入り
預金出納帳は銀行預金の出入り、
売掛帳は売上を計上
買掛帳は仕入れを計上
経費帳にはそれぞれの経費を記帳します。

ですから帳簿形式で入力するとなれば現金出納帳には現金の出入りは出金の場合は相手科目がは経費科目などになりますし、入金は売上にして入力すればOKとなります。
預金出納帳もおなじことです。
あとは売掛と買掛を計上すると帳簿形式で入力していても仕分け伝票もきちんとできますし、元帳も自動的に最終的にはできますので、会計ソフトを利用するととても便利です。

現金の残高、預金の残高、買掛、売掛の残高がきちんとあっていれば、それでじゅうぶんですね。

難しい簿記を知らなくても、借方や貸方などの仕分けで入力することもないので初心者の方の帳簿こそ会計ソフトを利用して帳簿形式で入力がおススメです。

クレジットカードの場合の帳簿

帳簿について いろいろ Comments Off
―初心者ちゃん

帳簿の仕方で知り合いに尋ねられました。
知り合いは個人事業主で、会社の備品とか事務用品なんかを購入した際には、クレジット決済をしているそうですが、その帳簿に関してどうしていいのかなということでした。

そのクレジットカードで購入するものが、事業にかかる費用だけの場合、そしてそのクレジットの決済、つまり銀行引き落としの口座が事業専用のものなら、何の問題もありませんね。

○月○日
相手科目→未払金
適用→クレジットカード引落
金額→2,000円
残高→50,000円

と帳簿に記帳しておけばいいでしょう。
残高ももちろん合ってきますよね。

しかし、事業用のものも個人のものもクレジットカードで同じように支払いしていた場合には

個人で購入した分に関しては、

○月○日
相手科目→事業主貸
適用→クレジットカード引落(個人の買い物)
金額→3,000円
残高→40,000円

としなくては、帳簿上残高が合ってこないことになりますね。

そのクレジットカードの決済が事業に全く関係ない個人の口座から引き落としになった場合は、経費を立て替えたと考え、事業用に口座からその金額を「事業主貸」で引き出す方法でいいかと思います。

○月○日
相手科目→事業主貸
適用→○月分経費立替え分の精算
金額→3,000円
残高→40,000円

となります。

税務調査の場合もそこはよく見られますので気をつけましょう。

帳簿をマスターする前に・・・

余談 Comments Off
―初心者ちゃん

こんにちは、5月ももう終わりに近づいてきました。
なんとも仕事がはかどりません。
この時期はどうしても新入社員の研修等に時間をとられて、自分の仕事がなかなか片付かないのです。
まー、ある時期だけのことと毎年割り切っていますが、今年の新入社員はちょっと手ごわくて、わたくし少々苦戦しています。

新入社員の研修ももう今月いっぱいで終了となり6月からは実践となります。
早く6月になってくれー!なんて(笑)

新入社員の中で5月の大型連休明けくらいから、体調が悪いと休みがちなAさん。
どうも、私のフロアで働くことになりそうです。
みんなの噂(?)では5月病じゃないか・・・って。
なーんだと簡単に考えていましたが、結構精神的にきているらしく、どう接していいのか悩むところです。
体調不良からはじまって、精神的にもふさぎ込む感じだそうですけど、研修では基本的な伝票や帳簿の書き方はマスターしているんですが、どうなることやら。

本人の意欲にもよるでしょうが、簿記や会計の経験が全くない場合は1年で一通りの帳簿はできるようになるとは思います。
本人次第だけど。

なにかで見たんだけど、5月病には寝ることが1番大事って書いてあったっけ。
とにかく何も考えず心配せず、気の済むまでゆっくり休養がいいのかもしれませんね。
私のフロアはとにかく明るく人当たりの良い方ばかりそろってるので、会社や仕事に慣れて早く元気になって、帳簿をマスターして欲しいです。

まずは帳簿の場所から

余談 Comments Off
―初心者ちゃん

こんにちは。4月になりました!
4月になってもこんなに寒くて、まだ会社内も家の暖房はガンガンです。
昨日とうとう春らしいお天気になったなと感じていたのに、今日はもう曇り空で、とっても寒い・・・
風邪をひいちゃいました、私も。
我が社にも新入社員が入ってきました。
まだまだ、慣れないことばかりで大変でしょうね。
私も新人のときはそうだったもんな~
精神的にも肉体的にも辛かったな。
今まで学生だった方は毎朝の早起きにも苦労されるでしょうし、1日何時間もの慣れない労働に緊張していることでしょう。
学生の時よりは180度生活が変わってしまいますからね。
でも、学生時代にも、なにかしらのアルバイトの経験がある人とない人では全く違いますね。
私の子供には苦労してでもアルバイトをさせなくては。。。
なーんて思っています。
アルバイトの経験は1番の社会勉強になるなーと思います。
実務として同じ職種じゃないと活かせない部分はもちろんありますが、やはり他にたくさん学ぶことはたくさんあるんですよね。

新入社員の人に昨日は帳簿の整理をお願いしました。
まず、どこにどんな書類があるのか、それを覚えることにもなりますからね。
仕事の基本的な技能を覚えるのはゴールデンウィーク明けになりそうです。
ビジネス文書の書き方、基本的な伝票や帳簿のつけ方、なんかは実践してみないとなかなかね。
研修でいくらやっても結局は慣れですから。
私の仕事も少しは楽になるのかなーなんて(笑)

気をつけよう!帳簿に書く「経費」の解釈

上手に帳簿をつけるコツ Comments Off
―初心者ちゃん

こんにちは。先日、あの人気ユニット、EXILEの所得隠しが大きく報道されましたね!!
リーダーが会社の代表取締役だったってことも、わたくし今回始めて知ったのですが・・・(;´▽`A“
アレだけ人気が高い芸能人が、脱税した!ってことになると、マイナスイメージが付いてしまうのは避けられないですね~。言い訳するだけ、印象が悪くなってしまいますよね。でも、これからはしっかり税務処理するんじゃないでしょうか。
EXILEの今回の話では、経費処理について税務署と解釈に違いがあった、っていう発表がされていましたね。記帳するとき、会社の必要経費とするものと、そうでないものの仕分けは、経理に慣れている人でも時々迷うものもあるそうです。
事業税については経費になりますが、所得税や住民税は会社経費にはなりませんし、他にも借金の返済金額も経費として認められないので、利益から差し引いて計算することは不可能です。(利子だけは経費になりますよ)また、ほかにも経費として記帳できないものとしては、健康保険料や国民年金(こちらは所得控除の対象になる)、あとは、駐車違反などの罰金なども、経費にはなりません。

必要経費をモレないように記帳することも重要ですが、「これは経費にしていいのかな?」と迷うような場合は、すぐに確認して処理するのが、あとで面倒な手間がかからないようにするためには大切ですよ。また、普段から領収書をもらうクセをつけておくことや、もしも領収書が出ないような場合においては、普段から常に記録しておくという習慣をつけておくのも大切。ぜひ意識してみてくださいね☆

本気で帳簿をつけたいなら・・・。

簿記, 余談 Comments Off
―初心者ちゃん

こんにちは。春の足音が聞こえてきそうな良い天気が続いています(*´ω`*)
今日のお話は、最近ネットショップを始めた友人の話しです。どうやら、帳簿のつけ方が解らなくて、苦戦している様子・・・。相談を受けてしまいました。

友人のように個人事業で利益があった時、ちゃんと所轄の税務署に申告しなければいけません。白色申告よりは青色申告にした方が何かと税制上有利ナのではないかと思います。経理が苦手で、帳簿がよくわからないと言うときは、地元の商工会とか、税理士に相談して、作ってもらうというテもありますが、やっぱり依頼するのは面倒だし、もちろんその費用もかかっちゃいますから、できれば自分でやれるのが一番いいですよね。

自分が、そんな友人にオススメしたのは、日本商工会議所の簿記3級を勉強すること!多分、そこがわかれば、会計帳簿はある程度処理できるようになるのではないかな、と思っています(*^▽^*)簿記3級の講座を受けるのもいいよ、と一緒にすすめておきました。自分も、以前に受けたことがあるのですが、帳簿の作成のための基本的な知識や原則などをわかりやすく説明してくれますよ。授業料を取るところもあり、3~4万円ほどかかるかもしれませんが、それは自分への投資ということで納得できるはず!
そして、完璧に処理しようと、あんまり気負いすぎないことも大切かも。簿記は、毎月の取引を数字化して、全体を把握するのが目的。一番大切なのは継続して帳簿をつけていくことだと思います。ぜひ頑張って簿記の勉強をやってもらいたいですね。

上手に帳簿をつけるコツとは?

上手に帳簿をつけるコツ Comments Off
―初心者ちゃん

こんにちは。今年もみなさん、帳簿を頑張ってつけていきましょう(^^)
さて、今日は帳簿をつけるコツについて、簡単にお話しします。

帳簿というと、なんだかややこしい、面倒なイメージがつきものですが、最低限、4種類の帳簿があることは、経理担当の方ならご存知ですよね。「売上帳」、「仕入帳」、「現金出納帳」、「預金出納帳」は、最低限、必要な帳簿です。とはいっても、最近はPCでの処理が多いですし、会計ソフトを利用すればこれらの機能は全部付いていますから、問題ありません。

では、帳簿をつけるにあたって、大切なこととは一体なんでしょう?
1つのポイントは、「帳簿をつけるタイミング」、
もう1つのポイントは、「お金の流れ」、この2つの点を自分の中でしっかり決めておくことです。

まず、「帳簿をつけるタイミング」ですが、つまり決めた日に必ず帳簿をつけるという習慣をつけることです。
業種にもよりますが、毎日売上がある業種は、帳簿を毎日つける、そうでないなら一週間に一度、と言うように、帳簿をつけるタイミングを決めておくこと。『時間のあるときにやるわ~』と思うと、絶対に後回しにしてしまい、失敗します。(>_<)

あとは、「お金の流れ」を決めること。それを決めておかないと、帳簿上と、実際とのずれが大きくなります。
これではお金の管理が出来ていないのと同じ。
・売上金は、かならず毎日銀行に入れる。
・日々の現金での支出は、金庫から。
・給料の源泉所得税などは、専用の通帳に振り替えておく。
このような決まりごとを実際に守っていくことが、実は帳簿を上手につけるコツです!ぜひ実践してみてくださいね。

後回しはNG!帳簿はすぐにつけよう!

上手に帳簿をつけるコツ Comments Off
―初心者ちゃん

こんにちは。もうあと数日で会社の方も終わり・・・なんて方が多いのではないでしょうか。この「帳簿をつける」のサイトでもいろいろ書いてきましたが、帳簿のつける方法はそんなに難しくないと言うことがみなさんにもわかっていただけたのではないかな、と思っています。もうこの時期ですから、年末調整も済み、今度は確定申告。来年に入っても、次々とやらなければいけないことが出てきますよ。今年の帳簿は、今年のうちにキレイに整理して、新年を迎えましょう!!

帳簿のつけ方は、難しいものと思われていますが、基本はそんなに難易度の高いものではありません。
帳簿への記帳が難しくなってしまう理由としては、取引があった場合や、収支に関わることがあった場合、その日じゅうにちゃんと帳簿をつけておかないこと。たとえその日に処理が出来なかったとしても、翌日には確実に帳簿に記帳するという習慣さえ身についていれば、後回しになって溜まった処理に苦しむことはありません。帳簿につけるのが悩まれるような内容であっても、ちゃんと後日に処理をしやすいように、できるだけ早く取り掛かっておくことが大切ですよ。
分からない内容については、その時点で解決しておけば、あとは業務的にこなすのみ!帳簿は決して難しいものではないのです。帳簿への記帳を面倒なものにしているのは、あなたの日々の作業内容のせいかもしれないと言うことを、しっかり肝に銘じて置いてくださいね。では、良い新年をお迎えください!

帳簿をつける