こんにちは。今日は気持ちよく晴れています。梅雨の合間に天気がいいと、とても嬉しくなってしまいます。
最近、帳簿に関する本を、近所の本屋で購入してきました。過去にちょっとだけ簿記を勉強してきたけど、かなり忘れてるなぁなんて思ったので、つい買っちゃいました。帳簿のつけ方など、このような種類の本は、やっぱり実際に読んでみないと分かりませんよね~。
人によって読みやすいとか、そうでないとか、多少ありますし、インターネットで買うことはあんまり無いです。また、この帳簿の本を買った理由は他にもあって、それは税法が毎年微妙に変わっているから。計算式や数値とか、実際の金額に当てはめて帳簿をつけたいので、やっぱりつい新しい年度の税法に基づいた本が欲しくなっちゃいますね。

あと、帳簿をつけていて一番挫折しそうになるのは、仕分けの項目等がわからなくなってしまうこと。これがなかなかクリアできないので、途中で帳簿の記帳をやめたくなっちゃうんでうすが、ここをしっかり理解しておくと、例えば会計ソフトにデータを入力するときも、難なく出来ることが多いんですよね。まぁ、これを読んだから、バッチリ頭に入っているとは言えないんですけど(笑)。でも、帳簿の基本的な考え方を再確認できてよかったです。
やっぱり何事においても、常に勉強はし続けないといけないですよね!!いつの日か『簿記や帳簿のことなら任せて!』と、胸をはって旦那さんに言えるように、こっそりと自習してみたいと思います。