こんにちは。今回はFXに関する帳簿のつけ方のお話です。
FX事業って、以前からかなり流行っているみたいですし、私も気になっています(^^;)
でも、リスクもありそうだしまだ始めるまでには至っていませんが・・・。

帳簿の基本的なつけ方は、会計ソフトをつかったり、青色申告の解説本を見れば確認できるかもしれませんね。他にも最近では、アフィリエイト収入を青色申告するケースの解説なんかもインターネットで確認できますし、帳簿のつけ方に迷ったらそれらを参考にするのもアリですね。

しかし。問題はFX収入の記帳方法。帳簿は日々のお金の出入りを書くものですが、FXになると、ポジションを持ち越せばおそらく毎日スワップポイントは増減します。このスワップの増減を、毎日、全部帳簿につけるの??いくつも口座を持っていたり、デイトレをよくやる人だったら、その取引状況も帳簿につける??
作業が恐ろしく大変になってしまいますよね??(>_<;)

ただ、大体のFXの場合、PDFデータなどで毎日、毎月の取引状況を、日次・月次の報告書としてダウンロードできるようになっていますので、まずは各月ごとの取引報告書に基づいて、スワップの合計やトレード損益を帳簿に売上として月末に記帳しておきましょう。さらに、各日ごとのスワップ等についても、日次報告書をダウンロードしておき、税務調査が入ったときに調査官に見せられるように保管しておけば大丈夫。
帳簿自体には月末ごとの口座の残高や入出金のみを記載し、なにをどれだけ売買したかという情報は、業者の取引報告書でカバーできるのではないでしょうか。