こんにちは。今回の帳簿のお話しは、少し具体的な帳簿の内容にについて。
簿記を勉強されたことのある人であれば、皆さんご存知だと思う、基礎編についてお話ししていきましょう。

まず、帳簿といえば、主要簿と補助簿の二つに大きく分けられます。
主要簿に当たる帳簿には、仕訳帳と総勘定元帳があります。日々の取引について仕訳けをしていく帳簿が仕訳帳で、勘定科目ごとに増減をつきあげていく帳簿が総勘定元帳です。日々の取引が合ったときは、まず仕訳帳を記入 → そのあとに総勘定元帳に記入します。主要簿の記入はこのような流れで進められます。

今度は、補助簿についてみていきましょう。これにあたる帳簿には補助記入帳と補助元帳があげられます。
補助記入帳とは取引の明細を記入するもので、これにあたるのは、売上帳・仕入帳・現金出納帳・当座預金出納帳・受取手形記入帳・支払手形記入帳などがあげられます。こちらも、日々の取引があるなかで、そのつど記入していきます。

一方、補助元帳は、勘定の明細を記録していく帳簿です。これにあたるのは、売掛金元帳(得意先元帳)、買掛金元帳(仕入先元帳)など。こちらも、仕訳帳から総勘定元帳に記入される時、同時に必要な補助元帳にも記入されます。

簿記をやっておられる人にとっては、基本中の基本ですが、日々の取引・活動を行うと同時に、たくさんの帳簿に記入を進めていかなくてはいけないことが解っていただけたと思います。毎日、こつこつと帳簿をつけていくことが何よりも大切ですね。