こんにちは。春の足音が聞こえてきそうな良い天気が続いています(*´ω`*)
今日のお話は、最近ネットショップを始めた友人の話しです。どうやら、帳簿のつけ方が解らなくて、苦戦している様子・・・。相談を受けてしまいました。

友人のように個人事業で利益があった時、ちゃんと所轄の税務署に申告しなければいけません。白色申告よりは青色申告にした方が何かと税制上有利ナのではないかと思います。経理が苦手で、帳簿がよくわからないと言うときは、地元の商工会とか、税理士に相談して、作ってもらうというテもありますが、やっぱり依頼するのは面倒だし、もちろんその費用もかかっちゃいますから、できれば自分でやれるのが一番いいですよね。

自分が、そんな友人にオススメしたのは、日本商工会議所の簿記3級を勉強すること!多分、そこがわかれば、会計帳簿はある程度処理できるようになるのではないかな、と思っています(*^▽^*)簿記3級の講座を受けるのもいいよ、と一緒にすすめておきました。自分も、以前に受けたことがあるのですが、帳簿の作成のための基本的な知識や原則などをわかりやすく説明してくれますよ。授業料を取るところもあり、3~4万円ほどかかるかもしれませんが、それは自分への投資ということで納得できるはず!
そして、完璧に処理しようと、あんまり気負いすぎないことも大切かも。簿記は、毎月の取引を数字化して、全体を把握するのが目的。一番大切なのは継続して帳簿をつけていくことだと思います。ぜひ頑張って簿記の勉強をやってもらいたいですね。