以前は複式簿記を知っていなければ、帳簿は難しかったと思います。
しかし、パソコンや会計ソフトが導入されて、わずかな知識でも初心者でも複式簿記の帳簿をつけれるようになりました。

初心者だからこそ、まずは会計ソフトを導入してみてはいかがでしょうか。
まず会計ソフトですが、たとえば、税理士さんを依頼している人はその税理士事務所にあらかじめ聞いてみてくださいね。
専用の会計ソフトを導入している税理士事務所もありますし、どんな会計ソフトでも構わないとういう税理士事務所、推奨しているのはこの会計ソフトです、などとアドバイスをいただけます。
会計ソフトも様々で値段だけで決めるのもいけませんね。
最初にソフトを購入する費用が安くても、バージョンアップの費用がかかりすぎるようなソフトもありますよ。
自分の会社の規模と帳簿として自分のやりたいこと、また使い勝手などの評判を聞いてみるのもいいですね。

日々の取引を入力するだけで帳簿は出来上がります。
複式簿記の借方貸方がよくわからなくても、通帳の出入りは預金出納帳、現金の出来るは現金出納帳、買掛金や売掛金もそれぞれ入力がきます。

たとえば、借方貸方を逆に入力してしまった場合、現金や預金も、残高があってきませんから、間違いに気づきます。
もちろん買掛金や売掛金もそうです。

そうすることで入力間違いはなくなりますが、複式簿記を少しでも理解できるように、簡単な帳簿に関する本などを購入して大まかに把握することは必要でしょうね。

会計ソフトを見方につけて自分で帳簿がつけれるようになるといいですね。