今回は家計簿や帳簿の基礎でもある単式簿記について勉強したいとおもいます。
単式簿記とは、ただ一つの会計表に簿記的な取引を記録や集計する方法のことをいうそうで、資金の収支を重視した上で、財産や債務について収支の結果を記入する簿記方法のこと。
期中の収支と、残高が簡単に把握できるという特徴があるため、資産状況が意外と単純な町内会やサークルの会計、家計簿やお小遣い帳などで使用されることが多いらしい。
重要なポイントとしては、期首残高+収益と、費用+期末残高が必ず等しくなるという点で、月末や期末の決算で照らし合わせることがよくある。
単式簿記のメリットといえば、記帳項目が少ない上に簡単に記帳ができることで、逆に単式簿記 のデメリットといえば、 財産記帳の機能が不完全で、間違いを見つけづらいという点があげられる。