気をつけよう!帳簿に書く「経費」の解釈

上手に帳簿をつけるコツ Comments Off
―初心者ちゃん

こんにちは。先日、あの人気ユニット、EXILEの所得隠しが大きく報道されましたね!!
リーダーが会社の代表取締役だったってことも、わたくし今回始めて知ったのですが・・・(;´▽`A“
アレだけ人気が高い芸能人が、脱税した!ってことになると、マイナスイメージが付いてしまうのは避けられないですね~。言い訳するだけ、印象が悪くなってしまいますよね。でも、これからはしっかり税務処理するんじゃないでしょうか。
EXILEの今回の話では、経費処理について税務署と解釈に違いがあった、っていう発表がされていましたね。記帳するとき、会社の必要経費とするものと、そうでないものの仕分けは、経理に慣れている人でも時々迷うものもあるそうです。
事業税については経費になりますが、所得税や住民税は会社経費にはなりませんし、他にも借金の返済金額も経費として認められないので、利益から差し引いて計算することは不可能です。(利子だけは経費になりますよ)また、ほかにも経費として記帳できないものとしては、健康保険料や国民年金(こちらは所得控除の対象になる)、あとは、駐車違反などの罰金なども、経費にはなりません。

必要経費をモレないように記帳することも重要ですが、「これは経費にしていいのかな?」と迷うような場合は、すぐに確認して処理するのが、あとで面倒な手間がかからないようにするためには大切ですよ。また、普段から領収書をもらうクセをつけておくことや、もしも領収書が出ないような場合においては、普段から常に記録しておくという習慣をつけておくのも大切。ぜひ意識してみてくださいね☆

上手に帳簿をつけるコツとは?

上手に帳簿をつけるコツ Comments Off
―初心者ちゃん

こんにちは。今年もみなさん、帳簿を頑張ってつけていきましょう(^^)
さて、今日は帳簿をつけるコツについて、簡単にお話しします。

帳簿というと、なんだかややこしい、面倒なイメージがつきものですが、最低限、4種類の帳簿があることは、経理担当の方ならご存知ですよね。「売上帳」、「仕入帳」、「現金出納帳」、「預金出納帳」は、最低限、必要な帳簿です。とはいっても、最近はPCでの処理が多いですし、会計ソフトを利用すればこれらの機能は全部付いていますから、問題ありません。

では、帳簿をつけるにあたって、大切なこととは一体なんでしょう?
1つのポイントは、「帳簿をつけるタイミング」、
もう1つのポイントは、「お金の流れ」、この2つの点を自分の中でしっかり決めておくことです。

まず、「帳簿をつけるタイミング」ですが、つまり決めた日に必ず帳簿をつけるという習慣をつけることです。
業種にもよりますが、毎日売上がある業種は、帳簿を毎日つける、そうでないなら一週間に一度、と言うように、帳簿をつけるタイミングを決めておくこと。『時間のあるときにやるわ~』と思うと、絶対に後回しにしてしまい、失敗します。(>_<)

あとは、「お金の流れ」を決めること。それを決めておかないと、帳簿上と、実際とのずれが大きくなります。
これではお金の管理が出来ていないのと同じ。
・売上金は、かならず毎日銀行に入れる。
・日々の現金での支出は、金庫から。
・給料の源泉所得税などは、専用の通帳に振り替えておく。
このような決まりごとを実際に守っていくことが、実は帳簿を上手につけるコツです!ぜひ実践してみてくださいね。

後回しはNG!帳簿はすぐにつけよう!

上手に帳簿をつけるコツ Comments Off
―初心者ちゃん

こんにちは。もうあと数日で会社の方も終わり・・・なんて方が多いのではないでしょうか。この「帳簿をつける」のサイトでもいろいろ書いてきましたが、帳簿のつける方法はそんなに難しくないと言うことがみなさんにもわかっていただけたのではないかな、と思っています。もうこの時期ですから、年末調整も済み、今度は確定申告。来年に入っても、次々とやらなければいけないことが出てきますよ。今年の帳簿は、今年のうちにキレイに整理して、新年を迎えましょう!!

帳簿のつけ方は、難しいものと思われていますが、基本はそんなに難易度の高いものではありません。
帳簿への記帳が難しくなってしまう理由としては、取引があった場合や、収支に関わることがあった場合、その日じゅうにちゃんと帳簿をつけておかないこと。たとえその日に処理が出来なかったとしても、翌日には確実に帳簿に記帳するという習慣さえ身についていれば、後回しになって溜まった処理に苦しむことはありません。帳簿につけるのが悩まれるような内容であっても、ちゃんと後日に処理をしやすいように、できるだけ早く取り掛かっておくことが大切ですよ。
分からない内容については、その時点で解決しておけば、あとは業務的にこなすのみ!帳簿は決して難しいものではないのです。帳簿への記帳を面倒なものにしているのは、あなたの日々の作業内容のせいかもしれないと言うことを、しっかり肝に銘じて置いてくださいね。では、良い新年をお迎えください!

自分式の帳簿の仕方?!

上手に帳簿をつけるコツ Comments Off
―初心者ちゃん

2月23日は税理士の日だったのをご存じでしょうか?
こんなことを言う私も、実は昨日の夕方のニュースで初めて知ったのですが・・・

税理士の日を記念して3日間程度税理士の無料相談が行われるそうです。
確定申告も近いということもあって、相続税や贈与税に関する帳簿の作成に関する相談が多くあったそうです。
そんな事を知ってたら私も帳簿の記帳の仕方について相談しに行けば良かった・・・
なんて思っているんですが、でもなかなか平日に無料相談を開かれても仕事をしていたらいけないですよね?!
どうせなら、税理士さんもすこし考えてくれないかなぁ~なんて思っちゃったりしています。

なんで、私がこんなにも帳簿の記帳にこだわっているか?!
それは、一応複式簿記で記入はしていたのですが・・・
なんだかもっと分かりやすく記帳する方法は無いものか?!なんて考え始めたからです。
こんなことを考えても、結局のところは以前と同じ複式簿記の記帳の仕方に戻ると思うのですが・・・・
でも、自分式の帳簿の仕方もあってもいいんじゃないかな?!
なんて思ったりもしています。

しかーし。
確定申告などに提出する帳簿はやり、複式簿記か単式簿記に沿った記入の仕方で記載されている帳簿でないとちゃんと受け付けてもらえないのでは・・?!
自分式の記帳の仕方を考える前に、早速断念。
やはり、複式簿記でチマチマと帳簿にいそしみたいと思います。

帳簿をつける