項目の仕分けがポイントです

帳簿のつけ方 基本, 簿記 Comments Off
―初心者ちゃん

今日も帳簿のつけ方の基本的なお話をしていきます。
帳簿に記帳する取引は、残高試算表にある5つの項目の増減からなります。その5つとは
■借方・・・資産、費用
■貸方・・・負債、資本、収益
ですが、さらにそれは8つに分類でき、借方4つ、貸方4つの取引になります。

借方としては
●資産の増加
●負債の減少
●資本の減少
●費用の発生

貸方としては
●資産の減少
●負債の増加
●資本の増加
●収益の発生

借方にある項目が増える場合には、借方へ記帳、借方にある項目が減る場合には、貸方へと帳簿へ記帳します。逆に、貸方にある項目が増える場合には、貸方へ記帳、貸方にある項目が減る場合には、借方へ記帳します。
例えば、
●現金30万円で商品が売れたケースでは
(借方)現金 300,000  (貸方)商品 300,000
・資産である現金の増加 と 資産である商品の減少。

●現金10万円でチラシ作成したなら
(借方)広告費 100,000  (貸方)現金 100,000
・費用である広告費の発生 と 資産である現金の減少。

●銀行から300万円の融資を受け、普通預金に振り込まれたなら
(借方)普通預金 3,000,000  (貸方)借入金 3,000,000
・負債である借入金の増加 と 資産である普通預金の増加。

残高試算表(貸借対照表、損益計算書)の項目が解れば、帳簿をつけるとき仕分けも迷いませんね。
事業活動は普通、現金などの資産に関係することがほとんどなので、
増加する資産の勘定科目は左側、減少する資産の勘定科目は右側、と覚えておけば、ほとんどの仕分けはクリアできます!帳簿は難しくありませんよ!

帳簿のお勉強 簿記で習う基礎

簿記 Comments Off
―初心者ちゃん

こんにちは。今回の帳簿のお話しは、少し具体的な帳簿の内容にについて。
簿記を勉強されたことのある人であれば、皆さんご存知だと思う、基礎編についてお話ししていきましょう。

まず、帳簿といえば、主要簿と補助簿の二つに大きく分けられます。
主要簿に当たる帳簿には、仕訳帳と総勘定元帳があります。日々の取引について仕訳けをしていく帳簿が仕訳帳で、勘定科目ごとに増減をつきあげていく帳簿が総勘定元帳です。日々の取引が合ったときは、まず仕訳帳を記入 → そのあとに総勘定元帳に記入します。主要簿の記入はこのような流れで進められます。

今度は、補助簿についてみていきましょう。これにあたる帳簿には補助記入帳と補助元帳があげられます。
補助記入帳とは取引の明細を記入するもので、これにあたるのは、売上帳・仕入帳・現金出納帳・当座預金出納帳・受取手形記入帳・支払手形記入帳などがあげられます。こちらも、日々の取引があるなかで、そのつど記入していきます。

一方、補助元帳は、勘定の明細を記録していく帳簿です。これにあたるのは、売掛金元帳(得意先元帳)、買掛金元帳(仕入先元帳)など。こちらも、仕訳帳から総勘定元帳に記入される時、同時に必要な補助元帳にも記入されます。

簿記をやっておられる人にとっては、基本中の基本ですが、日々の取引・活動を行うと同時に、たくさんの帳簿に記入を進めていかなくてはいけないことが解っていただけたと思います。毎日、こつこつと帳簿をつけていくことが何よりも大切ですね。

帳簿のつけ方を習いましょう

帳簿のつけ方 基本 Comments Off
―初心者ちゃん

こんにちは。もう9月も終わりですね。
いろいろ帳簿のつけ方についてお話しはしていますが、『それでもやっぱり解らない・・・。』『正しく帳簿がつけられているのか、自信が無い・・・。』という方もいるでしょう。そんな人は、プロから学んでみませんか?
あなたのお住まいの最寄りの税務署に問い合わせてみてください。税務署では帳簿のつけ方が解らないという人のために、税理士会や青色申告会などの指導機関を通じて、帳簿の記帳指導を行っているそうですよ!ありがたいことに、その指導は無料で受けられるそうですから、希望される人は気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

会計ソフトの使い方に関する講習は、実際の自分の取引を実際に、会計ソフトを用いて、帳簿の使い方を個別に見てもらえるそうですよ。指導回数はだいたい5回程度らしいです。
また、個別指導ではなく、説明会のスタイルで帳簿のつけ方を指導してくれることもあるようです。事前に税務署に確認してみるのがいいですね。できることなら個別指導で、直接帳簿のつけ方をチェックしてもらったほうが、私は嬉しいですけどね。こういったときは、帳簿を会場に持ってくるのがよいでしょう。他にも、個別に会社とか、自宅に来てもらって指導を受ける、臨戸方式というものもあるんだとか。この場合は、当然相談して日時を決めてきてもらうことになると思います。プチ税務調査な気分ですね。笑
帳簿のつけ方で困っている人は、いっそのこと税務署に相談してしまうのも、いい方法かもしれませんね!

帳簿で損しないように

余談 Comments Off
―初心者ちゃん

こんにちは。8月ももう終わりです。来週には9月に入りますね。
帳簿のお話し、今までも色々進めてきました。事業を行っている企業や、人にとっては、帳簿の記録はとても重要だと言うことがわかっていただけていると思います。現金出納帳や預金帳など、経理の帳簿をつけていない、という人はまずい無いでしょう。
でも、帳簿の記載内容で迷うことが多いのは事実。何をどこまで記載すればいいのか、勘定科目がわからないなど、色々あります。でもその帳簿が基礎になって最終的に決算がおこなわれ、納税額も決まるわけですから、わからないでは済まされません。担当者の責任も重大です。
消費税の制度上の改正も何かとありますし、その度に経理業務の担当者も、改正事項をきちんと理解する必要があり、実際はなかなか大変です。でも、それをちゃんと把握しないで曖昧にしておくと、消費税などの納付で損をすることもありますので、しっかりと注意しなくてはいけません。

法人税法では、法定事項を帳簿に記載することに代えて、それらの記載事項を全部、または一部が記載されている取引関係書類を整理し、保存するという方法を認めていますが、残念ながら消費税法ではこれが認められず、帳簿にキチンと記載しなければならない、と言うこともあります。
つまり、私たちは企業であっても個人であっても、営利事業をおこなう以上、帳簿の記載は義務つけられているということになります。
帳簿の記載が間違っていたために、納税で不利益が生じることだけは避けたいですね!

FXの帳簿ってどうなるの

帳簿のつけ方 基本, 帳簿について いろいろ, 余談 Comments Off
―初心者ちゃん

こんにちは。今回はFXに関する帳簿のつけ方のお話です。
FX事業って、以前からかなり流行っているみたいですし、私も気になっています(^^;)
でも、リスクもありそうだしまだ始めるまでには至っていませんが・・・。

帳簿の基本的なつけ方は、会計ソフトをつかったり、青色申告の解説本を見れば確認できるかもしれませんね。他にも最近では、アフィリエイト収入を青色申告するケースの解説なんかもインターネットで確認できますし、帳簿のつけ方に迷ったらそれらを参考にするのもアリですね。

しかし。問題はFX収入の記帳方法。帳簿は日々のお金の出入りを書くものですが、FXになると、ポジションを持ち越せばおそらく毎日スワップポイントは増減します。このスワップの増減を、毎日、全部帳簿につけるの??いくつも口座を持っていたり、デイトレをよくやる人だったら、その取引状況も帳簿につける??
作業が恐ろしく大変になってしまいますよね??(>_<;)

ただ、大体のFXの場合、PDFデータなどで毎日、毎月の取引状況を、日次・月次の報告書としてダウンロードできるようになっていますので、まずは各月ごとの取引報告書に基づいて、スワップの合計やトレード損益を帳簿に売上として月末に記帳しておきましょう。さらに、各日ごとのスワップ等についても、日次報告書をダウンロードしておき、税務調査が入ったときに調査官に見せられるように保管しておけば大丈夫。
帳簿自体には月末ごとの口座の残高や入出金のみを記載し、なにをどれだけ売買したかという情報は、業者の取引報告書でカバーできるのではないでしょうか。

帳簿をつけるなら勉強しなくては

余談 Comments Off
―初心者ちゃん

こんにちは。今日は気持ちよく晴れています。梅雨の合間に天気がいいと、とても嬉しくなってしまいます。
最近、帳簿に関する本を、近所の本屋で購入してきました。過去にちょっとだけ簿記を勉強してきたけど、かなり忘れてるなぁなんて思ったので、つい買っちゃいました。帳簿のつけ方など、このような種類の本は、やっぱり実際に読んでみないと分かりませんよね~。
人によって読みやすいとか、そうでないとか、多少ありますし、インターネットで買うことはあんまり無いです。また、この帳簿の本を買った理由は他にもあって、それは税法が毎年微妙に変わっているから。計算式や数値とか、実際の金額に当てはめて帳簿をつけたいので、やっぱりつい新しい年度の税法に基づいた本が欲しくなっちゃいますね。

あと、帳簿をつけていて一番挫折しそうになるのは、仕分けの項目等がわからなくなってしまうこと。これがなかなかクリアできないので、途中で帳簿の記帳をやめたくなっちゃうんでうすが、ここをしっかり理解しておくと、例えば会計ソフトにデータを入力するときも、難なく出来ることが多いんですよね。まぁ、これを読んだから、バッチリ頭に入っているとは言えないんですけど(笑)。でも、帳簿の基本的な考え方を再確認できてよかったです。
やっぱり何事においても、常に勉強はし続けないといけないですよね!!いつの日か『簿記や帳簿のことなら任せて!』と、胸をはって旦那さんに言えるように、こっそりと自習してみたいと思います。

住宅ローンのために、帳簿提出?

帳簿について いろいろ Comments Off
―初心者ちゃん

なんだか、マイホームの話は流れてしまったカンジです。あああ~。
でも、後になればなるほど、マイホームって遠のく気がするのは、私だけですかね?
だって、若いうちじゃないと、住宅ローン組めないですよね?!
『最近は、50代のパパさんでもお家が建てられる!』なんていうフレコミもありますが、
あれって、お金持ちに限る!ってことですよね(-_-;) やっぱり、マイホームは夢?!

実は、友人もマイホームを建てることを決めたらしく、いろいろ話を聞いたけど、
彼女の家は自営業。
住宅ローン審査の申し込みをしようと思ったら、帳簿の提出を求められたそうです。

つまり、ちゃんとローンが返せるか審査するために、
借入金があるか無いかとか、実質の利益はどれくらい出ているか、
それをチェックするために帳簿の提出を要求してきた、ってことですよね。
やっぱり自営業となると、審査ってなかなか厳しいのかもしれませんね。
だって、サラリーマンだったら、帳簿の提出まで求められるなんて話、聞いたこと
ないですもん(°ヘ°)
一応、一定収入があるだろうから、帳簿までチェックしない、ってことですかね・・・。
今だったら、突然のリストラにあうとか、サラリーマンだって、将来安泰じゃなくなって
きているのに・・・。

つまり、ローンの支払い能力はどの程度あるか、自営業の人は必ず帳簿をみせなく
ちゃいけないみたい。
借り入れの時は、銀行でも金融公庫でも、帳簿の提出は義務みたいですよ。

帳簿をつけながら・・・。

余談 Comments Off
―初心者ちゃん

最近、パートで働きたいなって思い始めてるわたしです。
インターネットを使った在宅の方も、まだ続いているんですが、
結局、確定申告しなくちゃいけなかったことで、旦那さんにばれちゃったし(>_< )
『別に隠さなくてもいいだろ!』って言われちゃった。
それなら、外で働いたほうが、もっと割りがいいのかしら?なんて考えたりしています。

でも、でも。
帳簿をつけていて、思い出したんですけど、
私が、パートや在宅とかで収入があった場合に、年間103万円以上だった時って、
配偶者控除って、確か受けられなくなるんですよね・・・?
心配になってきたので調べてみました。

パートなどで得たお給料の所得から、所得税が源泉徴収されている場合に、
配偶者の収入が103万円を超えてしまうと、やはり配偶者控除は受けられないですね。
やっぱり、私自身の稼ぎが少ないのなら、扶養控除は夫の収入で適用できるみたいですね!
年金も国民健康保険も、個別で支払うとなると、かなりの金額になってしまうから、
やっぱり扶養に入っていたほうが、家計の帳簿はだいぶ楽チンかもしれません。

前年は、私の収入がそれなりにあったので、確定申告が必要となったわけだけど、
内職だと事業所得として申告をしなくちゃいけないので、経費をしっかりと計上しなくちゃいけない。
これは結構手間がかかりました。
領収書とか、まとめておくのって、すぐおろそかになっちゃったりするので(>_<)

外で働いたほうが、難しい申告の必要は無いし、帳簿をつけるのも楽勝。
職安行ってこようかなぁ・・・笑

うまく帳簿をつけられない人

帳簿について いろいろ, 余談 Comments Off
―初心者ちゃん

今日は家計簿のお話です~!
先日ひさしぶりに、高校時代の同級生に会ったんですが、そのときのお話。
そのこ、結婚して1年ほど。まだ子供はいないんだけど、
自分で家計簿がつけられないらしい!(-_-;)
結構そんな人いるんだなぁ・・・。

そんで、結婚後もずーっと帳簿をつけないまま過ごしていたら、
あるとき旦那さんに『家計簿見せて?』と言われ、(ないもんはないですよね、)
とりあえず貯金とかを調べてみたら、ずーっと赤字のままだったんだって!笑
彼女は旦那さんにこっぴどく叱られ、それ依頼、帳簿とお財布の管理は、
旦那さんが全てやっているらしい・・・。

だから、『あんまり無駄遣い出来なくなった』だって。
自業自得じゃん。そんなコト言っても、同情してコーヒーおごってあげたりしないわよ。笑

でも、家計簿の帳簿をつけていて、挫折する人はたくさんいるみたい。
しかも、だいたいパターンが決まっているそうですよ。笑

挫折した理由で多いのが、
■ めんどうになった
■ 費目がわからなかった
■ レシートをなくした
■ つけていてもお金が貯まらなかった

この4つだそうです。確かに納得しちゃうかも・・・。
そんな人に!帳簿がつけられるようになるコツを伝授します!笑

★☆ 継続的して帳簿がつけられるようになる方法 ☆★
1.帳簿は毎日つけない。週単位でまとめてつける。
2.レシート、領収書などは捨てずに必ず保管!

毎日、帳簿はつけなくても、月単位のお金の流れが分かればそれでよし!
だから、めんどくさがりの人は、1週間に1回でいいんですよ。頑張って帳簿つけてみましょう(*^▽^*)

自分式の帳簿の仕方?!

上手に帳簿をつけるコツ Comments Off
―初心者ちゃん

2月23日は税理士の日だったのをご存じでしょうか?
こんなことを言う私も、実は昨日の夕方のニュースで初めて知ったのですが・・・

税理士の日を記念して3日間程度税理士の無料相談が行われるそうです。
確定申告も近いということもあって、相続税や贈与税に関する帳簿の作成に関する相談が多くあったそうです。
そんな事を知ってたら私も帳簿の記帳の仕方について相談しに行けば良かった・・・
なんて思っているんですが、でもなかなか平日に無料相談を開かれても仕事をしていたらいけないですよね?!
どうせなら、税理士さんもすこし考えてくれないかなぁ~なんて思っちゃったりしています。

なんで、私がこんなにも帳簿の記帳にこだわっているか?!
それは、一応複式簿記で記入はしていたのですが・・・
なんだかもっと分かりやすく記帳する方法は無いものか?!なんて考え始めたからです。
こんなことを考えても、結局のところは以前と同じ複式簿記の記帳の仕方に戻ると思うのですが・・・・
でも、自分式の帳簿の仕方もあってもいいんじゃないかな?!
なんて思ったりもしています。

しかーし。
確定申告などに提出する帳簿はやり、複式簿記か単式簿記に沿った記入の仕方で記載されている帳簿でないとちゃんと受け付けてもらえないのでは・・?!
自分式の記帳の仕方を考える前に、早速断念。
やはり、複式簿記でチマチマと帳簿にいそしみたいと思います。

帳簿をつける